FLOW | ワンオフの商業空間デザイン/シネスSynes

FLOW

プロジェクトの進め方

今やろうとしていることの原動力は何なのか、そして望むヴィジョンな何なのか、この二つを共有させてください。



First Meeting

1. 初回ミーティング

クライアントのヴィジョン、事業ミッションの共有
弊社・表参道オフィスへお越しいただき、最初に徹底的に話し合います。
事業ヴィジョンやミッション、事業コンセプト、今後の事業展開、空間イメージ、サービス内容、事業計画や予算配分など店舗開業に関する様々な事項を打合せます。
クライアントが思い描いている゛理想や実現したいこと゛を共有させていただきます。
クライアントの中には、店舗空間の詳細を早い段階で決めようとされる方がいらっしゃいますが、ここで重要なのは、正確な店舗づくりの予算の決定や、仕上げを決めることではなく 1.自分がやりたいことが実現できる場所になるか、2.自分が出会いたい人々が来る場所になっているか、3.また想定外の出来事が起こり得る、よい意味での余白があるか、という側面を大切にされると良いと思います。 私たちは、空間の力や人への影響力の増大さを信じています。
同じ人が一人としていないように、事業の独自の個性を見出し、それを戦力にすることを得意としていますので、クライアントへのヒアリングは1時間から最長7時間にわたることもあります。(また、設計途中何度もミーティングを行い、私たちがつくろうとしている空間がクライアントの事業のリソース(資源)となっているか、また逆に無駄な部分がないか、を確認させていただきます。
同時に、弊社独特のコンセプトや進め方をご理解していただきます。

1.初回ミーティング

ミーティング前にお願いしたいこと

5年後、自分の事業やお店が、どのような人々にどのように表現されているか、イメージを教えてください。
単語でも文章でも結構です。
5年後、自分が今事業や店舗とどのようにかかわっていたいか、を教えてください。
また、空間設計については、思い浮かぶ<ビジュアル>を探してください。
映画の1シーン、アート、ファッション、風景など、なんでも結構です。
お店にダイレクトに関係ないように見える<もの>や<こと>の方がむしろ重要かもしれません。
何気ないことの中に、自分が大切にされていることのヒントがあります。
それらは、私たちの大切なインスピレーションの源泉です。

Examining Available Properties

2. 物件現地調査

物件の計測の他、設備、構造、仕上げ、立地条件、周囲の環境など細かくチェックいたします。
初回お打合せでの内容をふまえて、原則として別の日に物件現地調査を行います。
物件の個性を生かした空間デザインをさまざまな面から検討します。 (物件の欠点と見える部分を長所に変えるなど、逆転の発想が得意です)
現地調査の後、さらに詳しいお話を近くのカフェなどでじっくりと伺うことがありますので、トータルで2時間以上はお時間を空けておいてください。 (物件契約前の仮申し込みの段階でも結構ですので、候補物件が見つかったら、お気軽にご連絡ください。)

2.物件現地調査

2.物件現地調査

Make a Design and Concept Paper Proposal

3. コンセプト文と基本デザインの提案

打合せ内容、現地調査を踏まえて、①デザインコンセプト、②ラフパース、③平面図、④概算見積書+予算書を提出いたします。(デザイン料+特殊施工については概算見積書、一般施工については概算予算書)
デザイン契約をいただいたクライアントには、この段階で、コアデザイン(空間の核となる部分)の資料や実際の仕上サンプル、3Dパースを提出する場合もあります。 また、設備や床壁天井の下地など一般施工については施工会社が決まった段階で、お見積書を提出いたします。また、クライアントのご指定の施工会社様と打合せをして、そちらから提出していただく事も可能です。デザインに関しては、空間全体の空気感をつくりあげる主要な要素をビジュアル化したものを提案させていただきます。
このビジュアルは、コンセプトダイアグラム(図表)だったり、ラフスケッチだったり、具体的な部材サンプルだったり、オリジナル仕上だったりと、提案デザインによって異なります。

3.コンセプトストーリーとデザインの提案

3.コンセプト文とデザインの提案

Detailed design / Scheduling / Final Estimation

4. 詳細デザイン・工程作成・見積確定

基本デザインのご提案後、ご発注いただいた場合には、契約書等を取り交わし、詳細設計のデザイナー、特殊工事のつくり手および現場管理担当者を決定し、チームを編成します。クライアント様とはさらに細かな打ち合せを重ね、デザインを機能面・デザイン面・コスト面で調整しながら詳細デザインを進め、工程と見積を確定していく段階です。
詳細寸法やご要望を確認しながら、デザインコンセプト、ビジュアルに魂が吹き込まれます。自社工場のつくり手と連携しながら、具体的なサンプルをつくったり、コストを意識しながら素材選定をします。
また、オープンまでにクライアントがしておくべきことなどの確認をいたします (保険所検査や消防検査、材料・備品の発注及び納品時期、スタッフのスタンバイ時期等、無駄のないように確認します)。

4.詳細デザイン・工程作成・見積確定

Manufacturing at our Worksite

5. 工場制作・現場作業の開始

弊社は少人数で質の高い空間をつくる会社なので、いつもスタッフの手が空いているわけではありません。
一度決まった工程が変わらないようにスムーズに進めることがよい空間をつくる必要条件となります。
弊社工場では、担当アーティストがプロジェクト独自の素材選定や試作を進め、スケッチや図面をおこしていきます。
手間と時間をかけた制作を短い施工期間の中に入れ込んでいきます。 遠方の場合は、この段階で、製作物や半加工品を現場へ送ります。

5.工場制作・現場作業の開始

Construction

6. 実制作

工場制作中も、現場工事中も、よりよい店舗づくりを目指します。
「創造性の連鎖」のシステムによって、最後までもっとよくするには?と頭をひねります。
アーティストたちの感性によって、リレーされたコンセプトストーリーやヴィジュアルがどのように解釈され、アイディアが積み重なって実際にどのようなものがつくられるか、できあがりを楽しみにお待ちください。

6.実制作

6.実制作

Property Handover

7. お引渡し

各種検査(保健所や消防署)などの合格後、お引渡しをいたします。
創造的につくられた空間は、創造的に使われる、という信念のもと「創造性の連鎖」が無限にリレーされ、お店が長きに亘って繁栄することを祈って・・・。
お引渡し後もずっと、クライアントと同じ方向へ歩きながら、お店がどのように変わっていくかを見つめていきたいと思います。

7.お引渡し

7.お引渡し